訪問介護・訪問看護ステーションの開業・会社設立・会計・税務申告・指定取得を介護事業開業経営相談サポートはトータルでサポートいたします。

有馬公認会計士・税理士事務所(認定支援機関)

介護事業開業経営相談サポート

〒136-0071 東京都江東区亀戸2丁目24番3号 グランズ亀戸3階
JR中央総武線・東武亀戸線       亀戸駅徒歩4分
JR中央総武線・地下鉄半蔵門線 錦糸町駅徒歩10分
対応地域:東京都23区とその周辺、千葉県西部他

初回個別面談無料

面談で対応いたします

営業受付時間:平日9:30~17:30
お問合せフォームからは24時間対応

03-5875-0315

居宅介護支援の開業資金で必要になるのはいくら?

居宅介護支援の開業資金で必要になるのはいくら?

ケアマネージャーの資格をお持ちで居宅介護支援事業で独立したいと言っても一人ケアマネの形態と訪問介護・デイサービス(通所介護)等を併設して規模を拡大して事業を行う場合では開業資金は異なってきます。
 

一人ケアマネで持家等あれば開業資金はあまり必要ではありません

居宅介護支援事業は、介護事業のため、株式会社等法人設立する必要はありますが、ケアマネージャーの有資格者であれば一人で事業を行う分には人件費を払わずに済むので開業資金はあまり要しません。
居宅介護支援事業は管理者と従業者が必要ですが、兼務できるので、自身がケアマネージャの有資格者であれば兼務し、会社社長で1人で事業を行う分には利用者が少ない分には特に従業員を雇用する必要もないので給料を無理に支払わなくても済みます。

そのため一人ケアマネであれば法人設立費用とオープン時に必要となる設備費用と若干の運転資金分の貯蓄があれば生活していくとはできます。
ただし、居宅介護支援は報酬水準が低いので、それだけで大きく事業展開を行っていこうとするのは無理と言ってよいでしょう。
この点、独立される方の考え方次第になってしまいますが、一人ケアマネとして活動するのであれば他に給料を支払わなくて良いので最初のオープン時の費用に若干の余裕があれば良いですが、それだけでは十分に満足のいくだけの利益を生み出すことはできないと考えてください。

居宅介護支援の開業資金で必要になるのはいくら?

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら 初回面談無料

03-5875-0315

介護事業開業経営相談サポート

統括運営:有馬公認会計士・税理士事務所

営業時間:9:30~17:30(土日祝を除く)

対応地域:東京都23区内とその周辺、千葉県西部他

お問合せフォームからは24時間対応

 

介護事業で重要な資金繰りの相談・節税対策にも迅速に対応いたします!




 

ごあいさつ

有馬 俊幸

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

資格
  • 税理士・公認会計士

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。