介護報酬請求ソフトで経費の節減を図るには

 利益=収益―費用

 

で計算するので、費用は少ないに越したことはありません。

 

 介護事業所で費用がかかるものと言えば介護報酬請求ソフトになります。

 ただ、タイプとしてネットのブラウザ(Internet Explorer)で処理できるいわゆるASPタイプと据置型のモデルがあります。

 また、介護報酬は未だに請求事務がISDN回線使用なので、報酬請求のためだけに別回線を引くとかえってISDN回線費用が高くなる場合もあります。

 その点、介護報酬請求ソフトについて考えてみます。

介護報酬のASPタイプの請求ソフトは多数販売されています

 介護報酬請求ソフトは最近はASPタイプというネット上でログインして操作して報酬請求するタイプが主流です。

 ASPタイプは通常は自動的に何らかの介護関係の改正があっても自動的に当該改正をアップデートしてくれるので、改正があることを忘れていたために請求を間違えるミスを少なくできるという特徴があります。

 介護報酬請求ソフトといっても、介護業務は様々な業務が関連しあっているので、関連するデータと連動して業務の連動が図れるものが多く存在します。

 一般的に安いソフトはその代わり機能を最低限の部分に抑えている、高いソフトは他の関係する帳票にもデータが反映され機能が充実しているという特徴があります。

 ただ、機能が充実していても使わない機能であれば機能があっても不要ですし、機能が少なすぎてその分事務作業の時間が要する分残業代が増加すると人件費という見えないコストが介護報酬請求ソフトの料金が安くなる代わりにかかってきます。

 その点、バランスが必要になってきます。

維持費等無料の介護報酬請求ソフト(レセプト)

 ASPタイプの介護報酬請求ソフトとは別に、ISDNを引いて行ういわゆる据置型ソフトで有名なものは日本医師会の「給管鳥」があります。

 機能は少ないですが、ネットからインストールできるのであれば無料で使用はできますが、ISDN回線が必要になります。

 また、サポートが必要な場合は、CD−ROMの購入が必要です。

 ネットを使いこなせて知識をお持ちであれば機能は最小限ですが利用はできます。

 

ASPタイプの格安介護報酬請求ソフトの例

 ASPタイプで格安のソフトとなると機能は最小限ですが、良くネット上でも見かけるカイポケビズ等になるかと思います。

 まだ利用者数が少なく報酬管理ができる時間に余裕があるという場合は最初、特に小規模デイサービスは訪問介護のように利用者は少なめになるかと思いますので利用してみても良いかと思います。

 以下にリンクがあったので貼っておきます。

 

 

 

 給管鳥でもカイポケビズでもその他介護報酬請求ソフトでも、場合によっては介護報酬請求ソフト未使用でもどちらでもよいですが、試してみればよいかと思います。

障害者総合支援法と訪問看護事業を行う場合は介護報酬請求ソフトに注意

 訪問看護と障害者総合支援法(障害者自立支援法)は介護報酬請求ソフトに対応していない場合が多く選択に注意が必要です。

 訪問看護の場合、医療サービスと介護サービスがありますが、介護報酬請求ソフトの中には訪問看護対応といってもいっても介護サービスのみ対応で医療サービスは未対応などの場合もあります。

 また、介護報酬請求ソフトの多くは介護保険サービスのみ対応で障害者総合支援法(障害者自立支援法)の介護サービス及び移動支援サービスには未対応の場合も多くなり、対応する介護報酬請求ソフトは初期費用が多めに要します。

 訪問介護の場合、障害福祉サービス又は訪問看護サービスも提供するという形態が良く見受けられますが、その場合介護報酬請求ソフトがバラバラになると業務が混乱するので一つにまとめた方がよいでしょう。

 そのあたり、利用者が増加してくると当初は安いソフトで、利用者が増えてくると管理しきれなくなるので高くても管理機能を備えたソフトとニーズに応じて介護報酬請求ソフトを切り替えていけば良いでしょう。

▲このページのトップに戻る